高濃度炭酸泉

高濃度炭酸泉とは

炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯の事です。
温泉法では、お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g(250ppm)溶けたものが炭酸泉と定義とされており、
その中でも、1g(1,000ppm)以上溶けたものが高濃度炭酸泉とされています。
治療浴として行うには高濃度炭酸泉が必要です。
また、人工の炭酸泉装置を用いて行います。

炭酸泉の特徴

ドイツを始め欧州では古くから血行改善などの治療に用いられてきた『炭酸泉入浴』。
お湯に溶解した炭酸の分子が非常に小さく、皮膚を通過し血管に入ります。血管内で炭酸ガスの比率が高まると、老廃物として身体から出そうと血管を拡張します。これにより、血圧を高めることなく末梢血管から血行をよくすると同時に、からだの隅々の細胞にまで酸素を多く受け渡し、身体本来の力を引き出すことに繋がります。

このように末梢血管の拡張作用から“閉塞性動脈硬化症”などの治療の一環として炭酸泉が期待されているようです。
また、炭酸泉は高濃度であれば血管拡張作用が高まることから、医療機関が入浴時に利用することが多い37〜40℃で炭酸ガス飽和濃度1000ppmという性能が求められるようです。炭酸泉生成装置のB-daシリーズはこの濃度を満たしています。

なぜ人工か?

炭酸ガスは、高温のお湯に大量に溶けないため、泉温が高い日本の温泉において天然の高濃度炭酸泉は、20~30カ所程度しかないそうです。
海外では、泉温の低いヨーロッパ地方(特にドイツ)で、高濃度の炭酸泉が多く湧き出しており、古来から伝統的医療として人々に広く親しまれています。

人工炭酸泉の血流改善作用

炭酸泉に入浴すると、細かい気泡が皮膚表面に付くのがわかります。
これは炭酸ガスが皮膚の毛穴を介して毛細血管に入り込もうとするためです。

炭酸泉は毛細血管に入り込み、血管を広げ、血流を良くします。
一定時間浸けていると、浸けた部分がはっきりと紅潮しているのが分かります。
これは、炭酸泉に浸けた部分の血流が改善された証拠です。

保温効果は通常のお湯に比べて約3倍高いと言われます。

効果・効能について

炭酸泉に入浴すると、細かい気泡が皮膚表面に付き、炭酸ガスが皮膚の毛穴を介して
毛細血管に吸収されます。吸収された炭酸ガスは、末梢血管を拡張させ、血流を促進します。
炭酸泉は通常のお湯に比べ、約3倍の血流をもたらします。
冷え症や創傷治癒促進、肩こり等の改善に繋がるだけでなく、心拍数が低下し副交感
神経も優位になります。
また、弱酸性のため皮膚が引き締まる(アストリンゼント効果)など美容的側面からも
注目が集まっています。

効果を期待!

炭酸泉は、血行を良くする働きがあり、濃度が高ければ高い程、高い効果を発揮すると言われています。

炭酸泉の効果は血行障害などで引き起こされる様々な症状に対しても有効で、医療の世界でも治療法の一つとして活用されています。

体にとって、非常に良い炭酸泉ですが、いざ入ろうと思っても、日本には炭酸泉の数
が少なく、高濃度炭酸泉に至っては、20~30カ所程度しかないそうです。

一体、高濃度炭酸泉が楽しめるところは、どのようなところなのか?
また、効果的な入浴方法はあるのでしょうか。

炭酸泉の特徴

炭酸泉に入浴すると、細かな泡が体を包み、まさしく炭酸水の中に入っているように
感じられます。炭酸泉は別名、ラムネの湯とも言われているそうですがそれも納得です。

実際の温度より2~3℃程度高く感じられますので、ぬるめのお湯でも、ゆっくり長湯
することが出来、体の芯から温まります。

炭酸効果によって、血行が良くなっていますので湯上り後も体がポカポカとして、持続
時間も長いのが特徴です。

天然炭酸泉と人工炭酸泉

天然炭酸泉

天然炭酸泉は、炭酸ガスが溶け込んだ天然温泉のことです。
炭酸ガスは、温度が高ければ高い程溶けにくい性質があるのですが、日本は火山活動が
活発な為、泉温が高く天然の高濃度炭酸泉を楽しめる場所は、わずかしかありません。

代表的な温泉地ですと

兵庫県 吉川温泉   
大分県 山香温泉  
島根県 小屋原温泉 
福島県 大塩温泉  
青森県 酸ヶ湯温泉 
大分県 長湯温泉  
福島県 八町温泉  
島根県 千原温泉  
長野県 白骨温泉  
などがあります。

人工炭酸泉

人工炭酸泉とは、機械などで炭酸ガスをお湯に溶かした、炭酸温水のことです。
炭酸ガスは、高い温度のお湯には溶けにくい性質があるのですが、近年、技術が開発されたことで、人工的に高濃度炭酸泉を作り出せるようになりました。

現在では、医療機関だけにとどまらず、スパや介護施設、フィットネスクラブ、美容施設など幅広い分野で、人工炭酸泉が導入され、治療や美容、健康促進に利用されています。

また、最近では家庭でも利用できる人工炭酸泉装置も開発され、より身近に炭酸泉を楽し

める環境が整ってきています。

天然と人工の炭酸泉の違いは?

炭酸泉には、天然と人工の二種類がありますが、違いは大きく分けて炭酸濃度と効果・
効能の違いが挙げられます。

効果・効能

天然炭酸泉は天然の温泉成分が含まれていますので、その分の効果・効能がプラスされ
ますが、炭酸効果で得られる、高血圧や動脈硬化、切り傷火傷などの効果・効能は共通です。

最近では、天然温泉に炭酸ガスを注入して、天然炭酸泉と似たような効果・効能を得ら
れる施設も増えてきているようです。

炭酸泉の楽しみ方

①炭酸泉に入る時間帯は朝~午前中が一番良いと言われています。
 午前中は、血圧が上昇しやすいので、朝に炭酸泉に入れば、血圧が上昇しにくくなり、
 心臓や血管への負担が少なくなります。
 また、水分をたっぷりと補給することで、血液もサラサラになり、心筋梗塞や脳梗塞など
 の予防に繋がると考えられています。

②炭酸ガスが溶け込んだお風呂に10~20分入ります。
 短くても最低10分くらいは入浴するようにしましょう。
 休憩を取りながら、2~3回入浴するのが効果的です。

③まめに水分補給をします。
 炭酸泉につかっていると、とても体が温まるので、気づかないうちに大量の汗をかいています。
 水分補給を怠ると、血液中の水分が不足し、ドロドロ血になる恐れがありますので、
 入浴前、入浴中、入浴後とこまめに水分を取るようにしましょう。
 お水が最適ですので、可能であればミネラルウォーターなど用意しておくとよいでしょう。

炭酸泉に入ると・・・

入浴してしばらくすると、細かな泡が体に付着してきます。
        ↓
お湯に溶け込んだ炭酸ガスが体内に吸収されます。
        ↓
   血管が拡張して血行が促進。
        ↓
     血流量が多くなる。
        ↓
老廃物が排出され、新陳代謝が活性化される。

体もポカポカ、自律神経にも作用してリラックス効果も抜群!

まとめ

毎日でも入りたい炭酸泉のお風呂
しかし、超高濃度の天然炭酸泉は、残念ながら限られた温泉地でしか楽しめません。
けれども、人工炭酸泉の普及により、家庭やサロンでも楽しめるようになりました。
毎日の高濃度炭酸泉で美と健康を手に入れてはいかがでしょうか。